ブログのスタート

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法!高い単価を目指せ!

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法!高い単価を目指せ!
めいた
めいた
アドセンスでせっかくクリックされても、クリック単価がめっちゃ低いんだけど何か上げる方法ないの?
めいこ
めいこ
クリック単価の平均を上げる方法とかあれば教えて欲しい、切実に・・・

アドセンスのクリック単価は、仕組みさえ知れば低い平均を上げることができます。

クリック単価が少しでも高い状態になれば、何もしなくても収益がアップするわけなので絶対に知っておきたいですね!

今回はアドセンスのクリック単価の平均が低い人向けに、誰でも簡単に平均を上げる方法を説明します。

この機会に是非クリック単価の高い人になりましょう!

カズマ
カズマ
こんにちは、カズマです。

僕は副業でブログをスタートして、現在は家族との時間を大切にしながら在宅で自由にビジネスをしています。

僕がいまのような家族中心の生活を手に入れた方法を、期間未定で特別に公開しています。

是非一度、見てみてくださいね。

この記事でわかること
  • アドセンスのクリック単価とはどんな仕組みなのか
  • クリック単価の平均が低い原因は?
  • クリック単価を上げる具体的な方法
  • クリック単価の高いジャンルとは

 

アドセンスのクリック単価の平均が低い原因は?

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法!高い単価を目指せ!

まずアドセンスのクリック単価の仕組みを理解しましょう。

またクリック単価の平均が低い原因を知ることで、どうすれば高くできるかを考えることができます。

 

アドセンスのクリック単価の仕組み

クリック報酬型広告の代表であるGoogleアドセンスについて、まずGoogle社が様々な企業から広告の依頼を受けます。

Google社が受けた広告は、ブログやサイトに貼り付けられたアドセンスの枠に自動で配信されます。

めいた
めいた
なんで自動で広告を出せるの?

Googleのメインのサービス、それは検索であることは誰でも知っていますよね?

検索されるキーワードとは検索者の悩みそのものであるため、検索されたキーワードや閲覧したサイトの情報をGoogleは全て把握しています。

つまり、悩みに対してそれを解決できそうな適切な広告を、自動で配信することができる、という訳です。

めいこ
めいこ
なるほどぉ!だから検索していたことと関連した広告がいつもスマホに出てきてたのか!
めいた
めいた
でもクリック単価に違いが出るのはなんでなの?

Google社に広告を依頼している企業は様々と言いましたが、企業の広告費も実はピンからキリなのです。

予算や商品価値が高く広告費が高い企業もあれば、その逆で安い企業もある。

そして、広告を表示させる記事のジャンルによっても大きくクリック単価が変わってくるんです。

記事のジャンルがクリック単価に関係する理由。

  1. 例えばあなたがクリック単価の高い金融系のブログを運営しているとする
  2. 検索者は何かしら金融に関する悩みを検索してあなたのブログにたどり着く
  3. アドセンス広告には金融系の広告が表示されやすい
  4. つまりクリック単価が高くなる

 

アドセンスのクリック単価の平均は?

クリック単価の平均は人によって様々ですし、公開されているわけではないので一概に言えません。

しかし私自身がブログを運営していて、また周りのブロガーの情報を聞くところによると、1クリック単価20円前後が割合として多い印象です。

クリック単価の平均が10円以下の人はかなり低いと思ってもらってよいでしょう。

また、平均が30円を越す人はかなり高い方だと思ってください。

広告によっては1クリック単価が1,000円近くするものもあると言います。

逆に1円などもあり、ピンからキリであることがよくわかりますね。

 

アドセンスのクリック単価が低いのはなぜなのか

アドセンスのクリック単価が低い原因はいくつかあります。

例えば、

  1. 検索者が誤ってクリックしすぐに広告ページから離脱
  2. 単価の低いジャンルのブログ記事を書いている
  3. 広告全体の単価が低下

検索者が広告をクリックしても、実は間違えて触ってしまった、クリックしてしまったなどの誤クリックであることがあります。

クリックされてもすぐにページを戻されてしまうと、単価が低くなってしまうわけですね。

また、表示される広告の単価が低い=クリック単価の低いジャンルを扱う記事の場合も低くなります。

最後に、広告全体の単価が低下している場合です。

例えばコロナウィルスが流行したことでどの企業も広告費を削ることになると、アドセンスが全体的にクリック単価が低い状況になります。

カズマ
カズマ
自分でコントロールできるのは、①と②ってことだね!

アドセンスのクリック単価の平均を上げる3つの簡単な方法

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法!高い単価を目指せ!

クリック単価の平均が低い原因や対策がわかったところで、続いては平均を上げて高くする方法をご紹介します。

できることは3つ、非常にシンプルです。

 

アドセンスのクリック単価が高いジャンル

クリック単価が高いジャンルは以下になります。

  • 金融関係(株やFXなど)
  • 保険関係(生命保険や自動車保険など)
  • クレジットカード
  • 教育関係(英会話やプログラミングスクールなど)
  • 自動車関連
  • 不動産関連
  • エステや美容関連
  • 就職・転職関連

代表的な物が上記のジャンルですが、一つ注意があります。

それはYMYLに関連するジャンルが多いことです。

YMYLとはYour Money Your Lifeの略で、Googleが人の幸福やお金、医療、安全などに関連したジャンルは厳しくチェックしています。

めいた
めいた
YMYLに関連するジャンルの何が問題なの?

YMYLのジャンルは、官公庁や病院など権威のある組織が企業などが発信している内容が重視され、一般の人が書くブログはなかなか上位表示させにくいのです。

かつては美容などでも個人のブログが上位表示されかなりの売り上げを作っていた個人もいましたが、現在は企業や医療機関が多くなっています。

上位表示しにくいジャンルは、結局人から読まれないのでクリックもされない、つまり稼ぐのが難しいジャンルでもあるんです。

 

アドセンスのバナーを大きくする

アドセンスのバナーを大きくすることで、クリック単価が大きくなります。

つまり、スマホからでなくPCから閲覧されクリックされる方が単価が上がるんですね。

しかし、やたらめったら大きな広告だらけにしてしまうのもNGデス。

Googleはあくまでもユーザーファーストを謳っており、検索者が見やすいサイトを重要視しています。

大きな広告だらけだと検索者の離脱率が上がったり、滞在時間も落ちてしまうため、適切な大きさと数を意識して広告を貼りましょう。

一般的によく使われる広告サイズはレンタグル大が良いとされています。

 

クリック単価が下がらない工夫

「スマートプライシング」と呼ばれるシステムがアドセンスにはあります。

横文字でややこしいですね。笑

簡単に言えば、広告をクリックした人が商品やサービスを成約するかどうかでクリック単価を評価するシステムです。

めいこ
めいこ
つまりどゆこと?

自分の書いた記事に貼ったアドセンス広告が、成約に結びつきやすければクリック単価は上がり、成約に結びつきにくければクリック単価は下がる。

クオリティが低く内容が薄いような記事は、どうしても広告の成約率が下がるのでクリック単価が下がる傾向にあります。

したがって、アドセンスのクリック単価を下がらないようにするためには、当たり前ですが質の高い記事を書いて検索者を満足させる必要があることを頭に入れておきましょう。

 

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法まとめ

アドセンスのクリック単価の平均が低いのを上げる簡単な3つの方法!高い単価を目指せ!

以上、アドセンスのクリック単価の平均が低い原因と、平均を上げる方法についてご紹介してきました。

どうせ記事を書いてアドセンスを貼るなら、高いクリック単価が良いに決まっています。

自分でコントロールできる部分、できない部分とありますが、やれることはしっかりやりましょう。

最後にまとめます。

ここにタイトルを入力
  • クリック単価は20円以上を目指したい
  • クリック単価が低い原因は誤クリック・ジャンル・広告全体の影響
  • クリック単価を上げるには高いジャンル選定・大きなバナー・記事の質向上

でした。

アドセンスが少しでも収益に繋がることを祈ります。

新しい働き方を今、あなたの手の中に

※1:登録直後に自動返信メール1通目似て登録者限定の特典をお届けしています。
※2:お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は当サイトのプライバシーポリシーに則り厳守します。
※3:メール最下部の解除リンクからいつでも登録を解除できます。

\1年後を変えるなら、いま!/
知識0経験0文章力0でも、初年度で年収100万円UPする方法。
無料特典を受け取る
\1年後を変えるなら、いま!/
知識0経験0文章力0でも、初年度で年収100万円UPする方法。
無料特典を受け取る