ライフスタイル

人生の理想と現実のギャップを埋めるには?わからない人の解決法!

めいた
めいた
自分の人生このままでいいのかな…?
なんか思っていたのと違う。
めいこ
めいこ
昔描いていた理想と現実にギャップがあって、自分は何やってんだろうって毎日思ってる。。。
どうしたらいいの?

今回はこんな人生の理想と現実のギャップに悩みながらも、その解決法がわからない人の疑問に答えていきます。

あなたが昔思い描いていた理想の人生とは、どんなものだったでしょうか?

  • 理想のマイホームで家族と楽しい生活
  • 年収は1,000万円以上、好きな車を乗り回す
  • 仕事をバリバリこなして後輩からも好かれる上司に

などなど、人それぞれだとは思いますが、昔思い描いていた人生の理想の姿というものがあると思います。

しかし、いざ現実に目を抜けてみると理想と現実のギャップに落ち込む、なんてことも。

いったいなんでこんなギャップが生まれてしまったのかわからない、そんな疑問に答えていきます。

カズマ
カズマ
こんにちは、カズマです。

僕は副業でブログをスタートして、現在は家族との時間を大切にしながら在宅で自由にビジネスをしています。

僕がいまのような家族中心の生活を手に入れた方法を、期間未定で特別に公開しています。

是非一度、見てみてくださいね。

この記事でわかること
  • 人生の理想と現実のギャップの具体的な埋め方
  • 行動に移せない人が行動できる方法

人生の理想と現実のギャップを埋める考え方

人生の理想と現実のギャップを埋めるには?わからない人の解決法!

これまで生きてきて自分の人生の理想と現実のギャップに悩んでいる方に、そのギャップを埋める解決策をいくつかご紹介します。

まずやっていただきたいのが、

  • 理想と現実を可視化する
  • ギャップを埋めるために考える
  • 小さな1歩を踏み出してみる

この3つです。

1つずつ見ていきましょう。

 

ギャップを書き出して明確化する

まずは現在の自分の状況と、もともと自分の考えていた理想の状態を紙に書き出しましょう。

これ、頭で考えているだけの人が非常に多いですが、考えているだけではあまり意味がありません。

いざ書き出してみると、考えていた時には出てこなかったギャップが明確になります。

書き方は以下の通り。

  • 日々の生活や仕事を書き出す
  • 今の生き方で満足していることを書き出す
  • 今の生き方で満足していないことを書き出す
  • 自分の理想とする生き方を書き出す
    (収入や家族・彼女、仕事内容など)

何に書き出すかは特に指定はありませんが、B5やA4のノートの左ページに現在、右ページに将来の状態を書き出すことをおすすめします。

左右のページで見比べて見た時に、そのギャップが分かりやすい方がいいです。

繰り返しになりますが、まずは現在の自分の生き方と、理想とする生き方のギャップがどれだけあるのかを書き出すことでしっかりと明確化しましょう。

そこが見えない限りは、ギャップをいくら埋めようとしても埋めようがありません。

意外とギャップすら見えていない人が多いので、意識してみましょう。

 

ギャップを埋めるための考え方は?

人生において自分の理想と現実のギャップが明確になったら、続いてはそのギャップを埋めるための考え方について見ていきます。

書き出して明確になったギャップを一つ一つ分けて見ていった時に、そこで落ち込んでいても何も前に進みません。

ギャップが明確になったことで前に進める、とポジティブに考えることから始めましょう。

ギャップが不明確→自分が正しいのか間違っているのかの判断すらできない

ギャップが明確→一歩前進、次に何をすべきか決められる

ギャップが明確化したら、そのギャップは確実に埋めることができるということもここで断言します。

ほとんどの人は、ギャップがあると思っていてもそのギャップが何かを把握できていなのです。

ギャップを埋めていく作業をこれからしていけばいい、と前向きに考えることができればもうそれだけで前進です。

この前向きに考える、ということはこれから進みだすための大事な考え方になりますので、ぜひ意識をしてみてください。

 

小さな小さな一歩を踏み出してみよう

理想と現実のギャップを明確化し、それを前向きに捉えると言う考え方ができたら、次はいざ行動に移します。

ここで、「出たっ、ひとまず行動しろってやつ!」と思った方、ちょっと待ってください。

おそらく多くの人が思うのが、

「何を行動すればいいか分からないから今悩んでるのではないか!」

というものです。

おっしゃる通り、だから最初にギャップを明確化したのです。

何を行動に起こすか?を考えるにはまずどこにどんなギャップがあるのかを知る必要があります。

  • まずは曖昧な人生の理想と現実のギャップを明確してあげる
  • ギャップがわかれば行動に移せることを理解する
  • ギャップを埋めるための行動を考える

この流れが非常に重要です。

そしてまず一歩、どんなに小さくてもいいので行動に移しましょう。

 

ギャップの明確化の具体的な例

それでは私の場合の具体例をここでお伝えしようと思います。

現実:仕事で朝が早く夜の帰りが遅いので家族の時間が短い

理想:平日でも家族ともっと長く一緒にいられる生活をしたい

ちょっと大雑把な例ですが、もう少し具体的に書き出しても良いです。

例えば平日でも3時間は子供と遊ぶ時間が欲しい、などですね。

ここで人生の現実と理想のギャップが見えてきたので、実際にこの生活ができるのだと考えます。

実際に実現している人は世の中にたくさんいますからね。

続いて、どうしたら現実→理想に近づけることができるかを考えますが、この時選択肢はいくつもあると思います。

  • 仕事の時間を今一度見直し早く帰れるようにする
  • 仕事を家から近い職場にになるよう転職する
  • 独立して自分でビジネスを始める

などなどです。

ここで私が洗濯したのが、独立して自分でビジネスを始めるでした。

しかし、もちろん最初から右も左も分からず会社を辞めるなんて勇気が要ります。

ですので、まずは副業として低予算で今すぐできることから始めよう、という選択肢が現れたことによってブログを始めたんです。

そして、現在は理想と現実のギャップがかなり埋まり、家族との時間を大切にした生活ができているんですね。

 

何をしたいかわからない人へ

めいた
めいた
実際に行動したいと思っても、一体何をしたらいいかわからないんだよね・・・

私自身もそうでした。

独立したい、会社を辞めたいと思っても自分が何をしたいかが全くわからない。

結果、行動に移せないなんてことを経験しています。

そんな私がやったことは、

  1. とりあえず高収入の会社を辞めてベンチャーへ
  2. 収入が落ちて苦しくなる
  3. 結果副業としてブログを始める
  4. ブログで収益が出て今にいたる

と、とりあえず会社を辞めました。笑

もちろん当時はベンチャーで一旗上げたいと思い飛び出しましたが、現実はそう甘くはなかったです。

ただ、その失敗があったからこそ今にたどり着いている、何もしないより確実に前進しています。

決断と動き出しが必ず次に繋がると確信を持って言えるので、あなたも何でもいい、まず行動に移して見える世界へ行きましょう。

人生の理想と現実のギャップを埋めるために行動できない人の特徴は?

人生の理想と現実のギャップを埋めるには?わからない人の解決法!

続いては、そうは言われても行動に移すのが難しいんだ!という人の特徴について見ていきたいと思います。

もしこれが自分だと当てはまった人でも安心してください。

行動に移せない

これはこの世の中に生きる人のほとんどに当てはまることであり、逆に当てはまらない人は0.1%くらいの超稀な人です。

そんな稀な人と比較をしていても仕方がないので、まずは現実の自分を見直すところから始めてみましょう。

 

どうせムリだと思ってしまう

過去に何か失敗経験などがあると、自分なんかがやったってどうせムリだと思ってしまう人がいます。

何をやったって自分なんかにはムリ、と自己肯定感が低い人の特徴です。

そんな人は、今からでも行動に移せそうな簡単なことから始めてみてください。

例えば、明日はいつもより1時間早起きして読書をする、などです。

目覚ましをセットすれば誰でもできますよね?

まずは1度でもいいから、簡単なことを始めてみることが重要です。

ほんの少しの生活の変化が、自分の気持ちにもたらす影響は自分が思っている以上に大きなものなんですね。

他に簡単な例を出すならば、髪毛を切りにいくなどもあります。

この時いつもの行きつけのところではなく、新しく探してみることが大切。

たった、美容室を変えて髪の毛を切ってみる、ということだけの変化ですが少なからず得られるものがあるはずです。

  • 初めましての美容師さんとの会話
  • 始めていくお店への新鮮な道のり
  • 新たらしい髪型への挑戦

などなど、意識してみると新たな発見が色々とあるので非常に楽しいですよ!

 

行動できない言い訳してしまう

これもどうせムリに似ていますが、すぐに言い訳をしてしまうことです。

  • 行動に移しても上手くいかないだろう
  • 行動に移す時間がない

など、何か別のことで忙しいからなどと言い訳してしまうのです。

どんなに忙しい人であっても、1分たりとも何か別のことに時間が使えないなんてことありません。

大切なのは、自分で意図的に時間を産み出すということ。

できないorやらないことの言い訳を考えるとキリがなくなるので、

どうしたらできるのか?

を常に考えることを意識しましょう。

 

不安ばかりが先行してしまう

例えば転職を例にして考えてみます。

転職するに当たってどうしても考えてしまうのが、

  • 転職先の人と上手く馴染めなかったら
  • 良い転職先が見つからなかったら
  • 給料が落ちてしまったら

などです。誰しもが転職の際には考えてしまうことだと思います。

しかし、人間の考える不安というのは9割が起こらないと言われています。

転職経験のある私でも、実際に転職前に想像していた不安は一切現実には起こりませんでした。

ほとんどの不安や悩みは、実際には起こらないのです。

むしろ転職していった友人を見ていると、自分もしてみたくなるほど満足している人ばかりです。

私もそうでしたので様々な不安があることは非常に共感できます。

しかし、一歩も踏み出さず自分自身が

 

人生の理想と現実のギャップを埋めるための具体的行動

人生の理想と現実のギャップを埋めるには?わからない人の解決法!

それでは最後に、人生における理想と現実のギャップを埋めるための具体的方法をご紹介していきます。

もちろんこれに限ったことではないですが、参考にしてみてください。

 

今の仕事を見つめ直す

まず多くの人が考えるのが、働き方ではないでしょうか。

  • 今の働き方は自分が望んでいること?
  • 仕事内容はやりたかったこと?
  • 周囲の人間関係は?

などなど、仕事の内容や働き方を今一度見つめ直すことは非常に大事です。

一日8時間働くとしたら、寝る時間を抜くと生きているうちの半分以上を仕事して過ごすことになります。

その仕事をただ時間の切り売りをして過ごしている、というのは非常にもったいないことですよね。

自分の現実の仕事と理想の仕事、そのギャップを埋めるにはどうすればいいのかをまずは明確化しましょう。

そして、ギャップを埋めるために必要なこと、例えば資格や語学の勉強をするなどを検討してみてはいかがでしょうか。

 

今の仕事でできることを探す

すぐに仕事をやめて転職だ!と言う人がいますが、ちょっと待ってください。

今の仕事の中でできることをまず探すのが先決です。

恐らく理想と現実のギャップで悩む人は、今の仕事に不満を持つ人も多いはず。

ここでもまず書き出すことをおすすめします。

  • 今の仕事で不満に思うこと
  • 今の仕事でどうなれば理想に近づけるか
  • 今の仕事で理想に近づくことは可能か

を同じくノートや紙に書き出してみましょう。

なんでも頭で考えるだけでなく、ノートや紙、手帳などに書き出しすことで明確化させることが重要であることを認識してください。

今の自分の仕事でも理想に近づくことが可能なのであれば、具体的アクションとしてまず第一歩に何ができるのかをまた書き出しましょう。

大丈夫です、まずは書き出してみて簡単なことから、小さな一歩から始めてみましょう。

 

副業を始める

現在の仕事を変える、もしくは現在の仕事でできることを探す、の他にできることは副業を始めること。

人生に大きく関わる仕事において、

現状に大きな不満があるわけではないけど理想という訳でもない。

そんな人もいますよね。

今の仕事を続けつつ、副業をすることで副収入を得る。

それもまた一つの理想と現実のギャップを埋めるたえの手段なはずです。

私は副業としてブログを始めて、人生が大きく好転しました。

ベンチャー企業で働きながらも、何か思い描いていたものと違う、でも仕事を辞めたい訳でもない。

そんな考えから副業をスタートして現在に至りますが、始めて本当に良かったと心から思います。

 

1歩を踏み出そう

副業を始めて何が良かったか、具体的に説明すると、

  • 副収入が得られることで生活の質を向上させられる
  • 自分の力で稼いでいけるという自信
  • 本業にも活かせる知識・技術の習得

などです。

副業で収益を上げられるようになると、気持ちの面でもかなり余裕が生まれます。

もっと頑張れば、さらに収益を上げていけるという思いも強くなります。

ですので、仕事に不満はないけど何か新しいことを始めて理想に近づきたい。

そんな人は副業をして自分の力で稼ぐことに挑戦するのも良いですね。

 

人生の理想と現実のギャップを埋める解決法:まとめ

人生の理想と現実のギャップを埋めるには?わからない人の解決法!

ここまで、人生の理想と現実のギャップの埋めるにはどうしたらいいのか?について書いてきました。

最後にまとめます。

要点まとめ
  • 現実と理想を書き出してギャップを明確化する
  • ギャップは必ず埋められると前向きに捉える
  • 明確化したギャップから今すぐできる簡単な行動を始めてみる
  • 行動に移せない原因を明確にする
  • 仕事について考え、副業も検討する

頭で考えていても何も始められません。

まずは手にペンをとり、家にあるノートを引っ張り出してきて思うがままに書き出しましょう。

そして、今すぐに自分ができることから始めてみると必ず変わることができます。

始めることはなんだっていいです。

トイレ掃除、髪を切る、服を買いに行く、などなど一見何も関係ないようなことですら、意識的に取り組むと行動するきっかけになります。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

新しい働き方を今、あなたの手の中に

※1:登録直後に自動返信メール1通目似て登録者限定の特典をお届けしています。
※2:お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は当サイトのプライバシーポリシーに則り厳守します。
※3:メール最下部の解除リンクからいつでも登録を解除できます。

\1年後を変えるなら、いま!/
知識0経験0文章力0でも、初年度で年収100万円UPする方法。
無料特典を受け取る
\1年後を変えるなら、いま!/
知識0経験0文章力0でも、初年度で年収100万円UPする方法。
無料特典を受け取る