【第三回】3つの扉、あなたはどれを選ぶ?

こんばんは、カズマです!

昨日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

今日の第三回ブログゼミでは、

「効率良く生きていくための3つ目の扉」

について話をしていこうと思います。

 

何か新しい挑戦をするとき、
成功へと繋がる扉は3種類あります。

 

もしかして、
この話どこかで聞いたことありますか?

そう、
実はある本からの引用でもあります。

その本の名前は「The Third Door」

無料特典の名前にも使わせて
もらっています。

アメリカのある大学生が
世界的な成功者達にインタビューをして、
成功するための秘訣を見つけ出す…

とそんな内容の本です。

アメリカでは2018年6月に
発売されてベストセラーとなり、

日本でも発売1ヶ月で11万部売れ、
超大ヒットしたビジネス書なので
けっこう有名な本なんですが、
もしよかったら読んでみてください。

とっても面白いので!!

僕が大好きな本の一つです^ ^

話が少し逸れてしまいましたが、
3種類の扉の話に戻します。

3種類の扉を簡単に説明すると、

  1. 世間一般の多くの人が通る扉
  2. 生まれながら有名人・お金持ちが通る扉
  3. 人生の抜け道に繋がる扉

この3つ。

 

世の中には「優秀な人」と
言われる人ってたくさんいますよね?

例えば、

  • お医者さん
  • 弁護士さん
  • 飛行機のパイロット
  • 大企業に勤める人

などなど。

あなたのまわりにも
いないですか?

でもその「優秀な人」が必ずしも成功したり、
自分の理想の生き方をしている
わけではないんですよね。

むしろ優秀な人であるほど、
自分の力を過信して一人で
何事もやり抜こうとする。

そうなると時間はかかるし、
上手くいく確率も低かったりします。

 

そう、
優秀な人であっても、
要領悪く「①世間一般の人が通る扉」を
通ろうとする人がとても多いのが現実なんです。

 

じゃあ効率よく人生を歩んでいくには
どうすればいいのか?

それは3つ目の「人生の抜け道に繋がる扉」

 

「無駄なプライドなんか捨てて、
 答えを知る人に教えてもらう。」

 

を使うことです。

3つ目の扉を開くことは、
自分一人で学び実践するよりも

圧倒的に効率的かつ最短で
結果を出すことができます。

 

そんな「人生の抜け道」に繋がる
3つ目の扉について、
僕の経験からもう少し詳しく
お話ししていきます。

 

====================
独学がコスパ最高!!!の罠…
====================

僕が全くの無知から
ブログを始めてたった半年で
成果を出せた理由。

副業としてスタートして
ベンチャー勤務で時間がない中、
作業を続けられた理由。

 

それは3つ目の扉を開けて
抜け道を使ったから。

 

昔から僕は
何か新しいことを始めるとき、
まず独学で始めるのがポリシーでした。

もともと読書が好きなこともあって、
少し時間をかければ
なんとか解決できることも
多かったんです。

あとは独学だったら
お金もそんなかからないですからね。笑

 

あなたは何か始める時、
どんな風にスタートしますか?

独学?教室とかに通う?

「いまどきググればなんでも出てくるし、
本を読めばなんとかなるだろう!」

僕はずっとそう思っていました。

 

しかし、
独学の非力さと効率の悪さを
サラリーマン時代に経験してから、
見事に僕の自信は打ち砕かれたんです・・・

僕の価値観は完全に覆されました。

ただ、
この経験は僕を大きく成長させて
くれたと感じています!

僕は前職の会社員時代、
営業から事務から雑用から
様々なことをしていました。

医療関係のベンチャー企業だったので
あれやこれやとジャンル問わずになんでもこい!!

って感じで仕事をするわけですが、
その中の一つに

「患者満足度調査」

と呼ばれる仕事がありました。

 

簡単に言うと病院が行う

「患者さんへのアンケート調査」

です。

 

当時は社長から

「外注はせず自分たちでやろう!」

と言われていて、
右も左もわからないまま初めての
「患者へのアンケート調査」に
取り組むことになったんです。

「まぁ、たかがアンケート調査だし
そんな難しいことないか。」

この仕事を請負ったとき、
僕はこんな感じで
超舐めてかかってました。

 

が、しかし・・・

 

たかがアンケート調査。

されどアンケート調査です。

 

お金をいただくからには、
お客さんである病院が望む以上の
仕事をするのは当たり前。

完全に舐め切っていた僕はまず、

「アンケートとは何か?」

を知ることから始めよう!

と考えて、いつものように
独学からスタートしました。

 

読書好きな僕が向かうのは、
そう、本屋さんです。

 

====================
独学の前に立ちはだかる高い壁
====================

早速本屋さんで
参考図書をパラパラと
見てみると、

【アンケート調査 = 単純】

この単純な考えは
見事に打ち砕かれました…↓

 

アンケート調査って
あなたもこれまで1度は
経験したことあるんじゃないでしょうか?

ただ簡単な質問に答えるだけ。

そんな感じで、
超単純で簡単に見えますよね!

 

でも「アンケートを作る側」になると
そんな単純なもんじゃなかったんです。涙

アンケート調査とは、

  • 調べる
  • 仮説を立てる
  • 質問を考える
  • アンケートを作成
  • 定量解析
  • 定性解析
  • 重回帰分析

etc.

ふむふむ。

なんのことやら…。

想像と全然違うぞ!?

違いすぎるぞっ!!

もっと簡単なんじゃ
なかったのかアンケート調査よ!!!

 

想像と現実のあまりの高低差に
落胆しながらも、

そんなことを
言ってる暇もありません(^ ^;)

悩んだ挙句に簡単そうな本を
3冊ほど購入してみます。

 

が、しかし…

仕事に関わる勉強とはいえ
仕事中に堂々と本を読むわけにもいかず…

仕方ないので通勤電車の中や就寝前、
また早起きして出社前にひたすら勉強です。

 

本を読んでいても、

「アンケート調査は単純だろう」

この先入観のせいでやたらと
難しく感じます。

定量分析やら定性分析やら
宇宙語にしか見えない難しい言葉の数々。

 

さらには難しそうな数式や計算が出てきて
全っっっっっ然わかりません!チーン

もうあまりに分からなさすぎて
本を読みながら何度もウトウト、
意識も飛び飛びで読み進めていく始末。

 

限られた時間の中で勉強の進み方は
日進月歩の超スローーーペース。

本を3冊読むのにおよそ
2ヶ月近くもかかりました。

 

一通り読み終えてから、

よし、これで得た知識を!
いざ!アンケート作成に!

と、思ったのも束の間。

 

いやちょっと待て、
仕事はただのアンケートでなく、

「患者さんへのアンケート調査」

病院が独自にするアンケートで、
経営にも役立てる大事な大事な仕事。

 

「これはちょっと一筋縄では
いかなさそうだ…。」

 

と本を読み終えてから気付きます。

 

これは困った・・・

 

普通のアンケート調査のことすら
よくわからないのに、

これをさらに応用して
患者へのアンケート調査の
仕事をするなんて絶対ムリ!

ムリムリ!

お金をいただいてするレベルには
到底なりっこない。

 

しかし、
仕事は取ってしまっている…。

どうしたものか( ;∀;)

もう一人じゃラチがあかず、
困り果てて社長に聞いてみました。

 

「社長、やっぱり外注しましょう。
これちょっと厳しいです、本当に。
素人には難しすぎますよ」

「いや、外注したら今の金額だと
うちの利益でないから意味がない。

なんとか頑張って!」

 

(おいっ!他人ごとかよっっっ!!)

 

これは絶体絶命の、ピンチ!!!

 

でももうやるしかない。

 

ここからさらに、
患者向けアンケート調査の
勉強をするしかないと決意。

再び書店へ向かいます。

するとここでまたさらなる大きな問題が発生。

 

患者向けのアンケート調査についての本が…

 

ないっっっっ!!

 

全然置いてない!!!!

 

こっ、これは…

 

結構大きな書店なのに…

図書館に行っても全くない。

Amazonで見てもどれがいいか
さっぱり分からない。

しかも需要が少ないから
値段がかなーり高い。

 

完全に詰みました・・・

 

僕はしばらく、
なんの兆しも見えぬまま
落胆していました。

 

それでも、
重い腰を持ち上げるしかない。

 

そんな感じで頭を悩ませていたある日、
後輩から声をかけられます。

 

「カズマさん、この講習、
一緒に受けに行きませんか?」

「!?!?!?」

 

後輩が見せてきたのが、

「アンケートリサーチ講習」

なるもの。

少人数制で1人の講師に対して4人が参加でき、
質問がし放題とのこと。

値段は “30,000円”

後輩の誘いに全力ででうなずき、
「アンケートリサーチ講座」に迷いなく
申し込むことに。

 

ありがとう、後輩よ。

 

これがこの先の運命の分かれ道と
なったことは、

この時まだ僕は知りません・・・

 

====================
3つ目の扉を開いて見えた世界
====================

いざ講習の当日。

小さな会議室の扉を開くと、
後輩がポツン。

 

あれ?

 

事情を聞くと、
あとの2人は急にキャンセルとなり
僕と後輩の2人になったとのこと。

ラッキーだけど、
なんか心配だな。笑

 

一瞬そうは思ったものの、
結果的にはラッキーでした。

 

講師の第一声は、

「アンケート調査に必要なのは、
たったの6ステップです!

これだけ頭に入れておけば
お客様の本音を聞き出して、
ビジネスに活かせます!」

 

狭い部屋がザワザワザワ。

 

参加者は僕と後輩の2人ですが。笑

 

たったの6ステップ!?!?

 

あんなに本を読んで調べたのに、
たったの6ステップ!!!

 

(2ヶ月前にそれ知りたかったぁ!!!)

 

そう心の中で叫びながら、
配布された資料を1枚1枚見ます。

パワーポイントで、
わずか50ページほど。

ビジネスで必要な要素だけを
抽出して厳選された内容。

購入した本は3冊合わせて
およそ1000ページ。

 

わずか20分の1のボリュームです。

 

さらに、
2ヶ月かけてもあいまいだった内容が、

わずか3時間ですっきり明快に
講師から解説されたのです!

 

(オレの2ヶ月間を返してくれ!!!)

 

そう心の中で叫びました。(2回目)

しかし問題はここから。

 

アンケートについてはだいぶ理解ができた。

次はこの内容を

「患者向けのアンケート調査」

にどう活かすかです。

 

せっかくの機会なので、
講師にダメもとで聞いてみました。

 

「患者へのアンケート調査の相談を
したいのですが・・・」

「いいですよ!
今日とは別日で、
特別にご相談のお時間を設けますね!」

 

えっ!本当に!?
なんていい人なの!!!

 

後日、お言葉に甘えて

  • 現状抱えている課題
  • 患者へのアンケート調査について
  • 詳細なアンケートの作り方

などについて相談をさせていただき、
熱心に指導いただきました。

 

僕が2ヶ月もの間、
寝る間も惜しんで勉強していたことは一体…

 

独学では
パッパラパーだった内容が、
講師の超的確な解説でスラスラ頭に入る。

 

自分ひとりで、

「この考え方はあってる?
間違ってる?これでいいの?」

なんて悩んでいる時間が一切なくなりました。

 

僕を最短最速で正しい道に案内してくれて、
やるべきことも明確にしてくれた。

控えめにいっても、
感謝感激の嵐です(T_T)

 

講座を受けたことで、
一人の時とは段違いに効率よく
学ぶことができていました。

 

そう、あの小さな会議室の扉。

 

それが僕にとっての3つ目の扉だったのです。

 

====================
果たして仕事の結果はどうなったのか…
====================

僕には時間がなかったので、
アンケートリサーチ講座の後に
さらに別の学びにもお金をかけました。

アンケートの作り方や考え方だけでなく、
結果の集計やまとめ方、分析方法まで
学ぶ必要があったからです。

 

この次の講座には
10回で合計20万円ほど払いました。

 

その結果…

 

こちらも圧倒的に勉強効率が向上!

 

必要な知識をピンポイントで
教わることができ、
メキメキ成長を感じることができました。

 

まさに、圧倒的な近道です!

 

そしていくつかの講座を受けた結果・・・

 

受注した患者さんへのアンケート調査は
無事に終わらせることに成功!

 

病院の担当者からは、

「素晴らしい!

ここまでのクオリティで調査が
できるのなら、
今後経営改善に繋げられそうだ!

是非来年もお願いしたい。」

そう言ってくださるほどの
クオリティで仕上げることができました。

 

「よっしゃっ!!!!!」

 

結果的に僕は外注することなく、
社内の力だけでやり切ることができたのです。

 

これには社長も大喜び。

この患者へのアンケート調査の仕事、
前の年は外注して利益が出ず
赤字の仕事だったそうで。笑

(そんな仕事するなよ。笑)

 

この仕事を通して、
会社にしっかり利益を産むことができました。

もちろん、
僕だけの力ではないですが、
大きく貢献できたのは間違いありません。

 

限られた期間で
僕がこのような成果を出せた理由。

それは自信なく何冊も本を読み漁って
勉強していた僕に、

講師の方がくれたわずか6ステップの
的確なアドバイスがあったからこそ。

 

僕は最初、
患者さんへのアンケート調査ついて
1から100まで学ぼうとしていました。

でも僕の仕事の本当の目的は、
請け負った仕事をお客さんの
満足いくものとして提供すること。

 

つまり、
本当の目的を最短最速で達成する方法は

 

知っている人に教わる

 

という非常にシンプルなことでした。

こんな当たり前で誰もが知っていることを
意外とやっている人は少ない、
そんなことに気づけた経験でもあります。

 

人生の抜け道に繋がる3つ目の扉とは
知っている人の力を借りること

 

だったんですね。

 

====================
3つの扉、あなたはどれを選ぶ?
====================

最後に3つの扉について、
もう少し詳しくご説明させてください。

1つ目の扉はいわゆる
「正面入り口」
です。

 

世の中には、

成功したい!
理想の生き方を叶えたい!

と考える人はたくさんいますが、

その人たちのほとんど、
99%くらいはこの1つ目の扉の前に並びます。

 

1つ目の扉は、
言ってみたら世間一般的な方法。

高校を出て大学に進学して、
大企業に努めて昇進する!

みたいな。

別に悪いわけではありません。

ここから成功する人だって、
多からずいるからです。

 

でも1つ目の扉に並んでいる人は、

「大多数のうちの一人」

この扉に並ぶ多くの人たちは、
人生を我慢しながら過ごします。

  • 出世競争
  • 満員電車での通勤
  • 上司の顔色を伺う
  • 仕方なくやる残業

など、
効率は非常に悪いんですね。

 

成功する人もたまにはいますが
その確率は低い上に、
多くの我慢も強いられます。

 

続いて2つ目の扉。

2つ目の扉は、

生まれながらに知名度やお金など
資産を持っている人たちが通る
「特別な入り口」です。

 

例えば両親や祖父母が資産家で、
生まれた時からお金持ちとか。

芸能人の子供として生まれてくる、
とかもそうです!

生まれながらにして、
ある意味成功しているような
ものですよね。

 

ずるいっ!!笑

 

親や祖父母が成功者だったり
身の回りにもたくさんの成功者がいるので、

成功する確率が最初から高い人が
並ぶのがこの2つ目の扉。

ライバルは少ないですが、
一般の人は簡単に2つ目の扉の前に
立つことはできません。

 

そして最後です。

3つ目の扉。

3つ目の扉は1つ目の扉のすぐ近くにあるのに、
多くの人は気づきません。

 

気づいてもあえて通り過ぎたりとか…

 

3つ目の扉は知っているか否か、
ただそれだけです。

ある意味ちょっとズルを
するような方法かもしれませんね。

 

例えば、

すでに成功していて、
成功の方法をよく知る人のところに飛び込み
手取り足取り教えてもらう。

そんな方法です!

 

この扉を自分で探すことに
時間やお金、努力が必要となる
ことだってあります。

けれど、
一度見つければ1つ目の扉に並ぶよりも
何倍も早く理想の目的地に
たどり着くことができるんです。

 

====================
知っているか否かで人生の差は大きく開く
====================

あなたが今後の人生を
大きく好転させたいのなら、

自分で調べ学ぶだけでなく
抜け道を知る熟練者に教わることが
何よりも近道になります。

 

独学でも時間をかければ、
多少の回り道をして目的地に
たどり着くことができるかもしれません。

そして、
僕はそれが間違っているとも思いません。

 

でも、
同時に二度と戻ることのない
大事な時間を失うこともまた事実です。

失った時間で、
もっと他にできたことが
あったかもしれませんよね?

 

例えばその時間で

  • 夫婦や彼氏彼女との時間を楽しむ
  • 子供たちと遊ぶ時間にする
  • 映画をのんびり観る
  • 気ままに旅行する
  • 好きな漫画を読む
  • 音楽を楽しむ

などなど、
できることは山ほどあるはずです。

 

あなたの持つ人生の時間は、
無限ではありません。

 

時間は誰でも平等に、有限なのです。

 

ときに時間を短縮するため、
抜け道を使うことが重要なことを
知っておいて損はないですよね!

 

僕がブログをスタートしたときも、
側には友人がいてくれました。

わからないことを、
先を走る友人に聞ける環境があったんです。

だからこそ僕は遠回りをせず、
最短最速の道のりで結果を出せました。

 

そう、
ここでも僕は3つ目の扉を開けて
抜け道を使ったんです。

 

この3つ目の扉は、
なにもブログに限った話ではありません。

資格の取得や趣味の上達、
そしてビジネスにおいても全く同じです。

時間は有限であるからこそ、
効率を考えて進めてゆく必要があります。

 

余計なことに1時間を使うのなら、
僕は子供と公園で遊ぶ時間に使います。

妻とのんびりコーヒーを飲みながら
子供たちの話をすることに使います。

 

あなたも今後の人生をより効率的に
最短最速で成果を出し続けるためにも、

抜け道となる3つ目の扉を使うことを
忘れないでください。

この意識が非常に大切です!

 

ということで最後に一つだけ、
あなたにお願いがあります。

あなたがこれまでの人生で、
3つ目の扉を開き抜け道を使った経験があれば
ぜひ僕に教えてください!

もし思い浮かばなければ、
今回の内容の感想を送ってくださいね^^

▶︎感想を送る

 

僕はCTLの開設者として、
あなたの気持ちに少しでも変化があることが
何よりの活力になります!

感想を楽しみにしてますね^^!

 

それでは今回はこの辺りで!

今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

それではおやすみなさい!

 

P.S.

僕がメールの最後に感想などを
返信してもらっている理由。

それは、

「小さな小さな1歩を踏み出してもらう」

ためにやらせてもらっています。

 

当然ですけど、
メールの感想を下さる方と
そうでない方に分かれるのですが、

今後の人生が理想に向かって変わっていくのは
どちらだと思いますか?

 

これは100%断言できるのですが、
小さな行動を起こした「感想を下さる方」です。

「いや、たかだか感想送る程度で差なんてないでしょ」

そう思われるかもしれませんが、
実は完全に差が現れるんです(^ ^;)

 

紙って1枚だとペラッペラですけど、
42回折るとどのくらいの厚さになるか
知ってますか?

 

正解は、宇宙まで届く暑さ、
だいたい22万kmです。

嘘だと思うかもしれませんが、
実際に何回か折ってみてください!

結構数回で分厚くなりますよ^^

 

紙を折るのと同じように、
どんなに小さな行動でも
それが後々大きな変化になって現れてくる。

それは1年後、
早ければ半年後にも
目に見えて現れてきます。

 

たかが感想、
されど感想なんですね。

 

もちろん強制ではないですが、

感想を送るだけで人生が変わるんなら!

そう思ってぜひ送っていただければと
思います^^

楽しみにお待ちしてますね!

▶︎感想を送る

 

====================

発行者  :下澤 一麻
問い合せ :info@new-ladder.com
公式ブログ:https://new-ladder.com/
LINE@  :https://lin.ee/iGaj1F8
Twitter  :https://twitter.com/kazuma_smzw/
Instagram:https://www.instagram.com/kazuma_iwasete/
YouTube :https://www.youtube.com/channel/UCsmIdegngtrgN5D4gPURjUQ

====================